UPHYCALIGO_l.png
JOMONIAN WITCHCRAFT WORK GROUP UPHYCA
縄文魔女術実践グループ ウフィカ

UPHYCAについて

ウフィカは、2013年8月に魔女・谷崎榴美によって設立されたソロ魔女たちのためのワークグループです。ウフィカは既に魔女の実践をソロとしてしている、もしくは自己参入儀式の検討をしているネット接続可能な(twitter、skype、evernoteを最低限使いこなせる)すべての女性が参加することができます。ウフィカは原則として、オフラインミーティングを行いません。グループ内のコミュニケーションや合同儀式は、すべてネットを介して行われます。西洋の現代魔女術実践者たちがキリスト教以前の古き信仰をリバイバルさせようとしたことに習い、私は「日本の古き神々」として神社神道および弥生文化以前の「縄文の信仰」をウフィカのインスピレーションの源としました。「ウフィカ」とは縄文の記憶を色濃く宿しているとされるアイヌ民族の言葉で「燃やす」という意味を持ちます。ウフィカは炎の女神を媒体とする「火山の女神と雷の男神」の男女神二柱「立ちのぼる炎と天から降り注ぐ雨」を中心とした世界観と儀式を構成しています。これらの「縄文の魔女術」はあくまで谷崎榴美による「再構築された縄文」でしかなく、たとえばウフィカにとって最も重要な「恵みを与え同時に恐れ敬うべき炎」という存在は、311以降の放射能に関する問題から強く着想を得ました。ウフィカは北方、南方シャーマニズム、古神道、神話、民話、考古学資料、21世紀の日常生活、ネットサーフィン、フィールドワーク等の情報や経験を私が個人的に直接接種してゆく過程で常にアップデートされていきます。よってウフィカはメンバーにとっての「拠り所」ではなく、自らが「依り代」となるための手段もしくは可能性の一つとして、今後存続してゆくのではないかと、そうなればいいなと、私は考えています。

水曜拝火会

ウフィカのグループ外に向けられた活動の一つとして水曜拝火会があります。毎週水曜日23:00~23:30に行われ、ウフィカのメンバー以外の誰もが参加する事ができます。ウフィカメンバーは同日同時刻に同じ儀式を各々行い、当番制で任命されるリーダーはグループ外の参加者のためにtwitterにてアナウンスを行います。(詳しくは水曜拝火会のページへ)

火の巫女になりたい貴女へ

冒頭に述べた通り、ソロ魔女の実践をしている、もしくは自己参入儀式の検討をしているネット接続可能な(twitter、skype、evernoteを最低限使いこなせる)すべての女性が参加することができます。ウフィカに参加を希望する場合は、「火の巫女になりたい貴女へ」を熟読したのち、谷崎榴美にメールを送信してください。


tumblr-3-512.gif